TOP


電球のサイズ 口金ってなに?? [ 電球交換で失敗しない為に ]

電球のサイズ 口金(E)ってなに??[ 電球交換 の時に重要です ]

目次 / このページで解説していること

このページでは、電球の交換で失敗しやすいポイント 口金(E) ついてまとめました。

電球の買い間違いを避けるために 電球のサイズ と 口金(くちがね) について、基本情報、まめ知識や詳細情報等をご紹介しています。

電球交換について 電球のサイズ 口金 が気になる方はご覧ください。


口金(くちがね)とは電球下部のネジの部分です。

口金
すばり、口金(くちがね)とは、電球下部のネジになっている部分です。

日本国内で流通している電球の口金(くちがね)は、主に「E26」、「E17」、「E11」の3種類。
そのうち家庭用照明で仕様されているのは、「E26」、「E17」 の2種類がほとんどです。

数字の26,17,11は口金部分の直径のサイズ(mm)を表しています。ちなみにEは、発明王エジソンのイニシャルから...と言われています。

口金の確認の方法

方法1 / 本体やパッケージの記載を確認する

PESマークが付いている電球には、必ずパッケージのどこかに「E〇〇」の記載があります。
照明器具本体や説明書を確認しても良いかと思います。

方法2 / 電球本体の口金の直径を測る

すでにパッケージが手元にない場合は計りましょう。
口金の直径mm = Eの後の数字
ですので、もし定規で測って26mmなら「E26」です。


[朗報] 家庭用電球は、ほぼ「E26」、「E17」のどちらかです。

口金E26
「E26」...一般電球形電球。家庭用電球で最も多く仕様されている電球です。

交換用の電球を買いに行ってはみたものの...口金(E)ってなんだっけ?という場合、普通サイズ(握り拳ほどの大きさ)の電球を使用しているなら、「E26」で大丈夫かと思います。
口金E17
「E17」...小型電球形電球。家庭用では、シャンデリア照明など光源が複数ある照明で使用されています。複数光源のシーリングライトなど、オシャレな照明器具の普及とともに、口金(E17) 電球 使用する照明も多く見られます。

電球のサイズ 口金ってなに??[ 電球交換で失敗しない為に ] まとめ

口金(E)は、電球下部のサイズです。なれないと『E〇〇..!?。ワットWと関係あるの』とか焦りがちですが、実は、ネジ込む部分の直径(mm)のことで、一般家庭でご使用の電球なら、口金(E26)、口金(E17)の2択です。

外出先で「あっ!電球買わないといけなかった。けど口金Eって?」という場合は、
握り拳と同じかそれ以上の大きさの電球をつかってる気がする...なら口金(E26)。それより小さい気がするなら口金(E17)を選ぶと良いかと思います。が、最も失敗しない良い方法は、やはり事前に確認しておくことです。

普段見上げているものは、道路の信号機と同じで、近くでみてみるとイメージと実際のサイズとのギャップがあるかと思います。確信できないときは、一度、帰って確認してみるのが良いかと思います。


hutarino_kun

この記事を書いてる人

こんにちは、インテリア好きのELです。照明コンサルタントの知識を活かして、より良いご提案できるように日々勉強中です。


このページを閲覧した方はこちらもみています