TOP


 

テープ ライト でオシャレな部屋が手軽に作れます![格安]

テープ ライト オシャレ

LEDテープライトの良いところをまとめてご紹介

このページで解説していること

このページでは、LED テープライト オシャレ部屋の雰囲気を簡単に作る方法をご紹介しています。

LED テープライトは、両面テープ にLEDチップが並んだ 簡易的 な 間接照明です。

コストパフォーマンスに優れ、工事がいらないなどの 優れた利点 や 気になる設置方法、耐久性、電気代にもふれてご紹介していますので「 LED テープライト 」に興味がある方はぜひご覧ください。

LED テープライト はこんな 間接照明 です

簡単便利! 好きな場所に貼れる補助照明

LED テープライトは、一言でまとめると、両面テープ に LEDが並んだ照明です。
大規模な工事も不要で簡易的な*コーニス照明を導入できるコスパに優れたアイテム。

古くは、ショップの什器や飾り棚、イルミネーションなどで使用されていましたが、最近ではDIYブームもあって家庭用で手軽に使用できる商品が、たくさんのメーカーから 販売されています。

3,000円前後ほどで ショップ や ホテル のような 空間演出ができるとても魅力的な照明です。

撤去も 剥がすだけ なので、賃貸マンション や 一人暮らし の ワンルーム などでも気軽に導入できるのが嬉しいポイント。

注意点としては、PSE マークのない粗悪品が横行しているので、安全でしっかりと商品を選ぶことをお勧めします。

テープ ライト 使用イメージ

*イメージ写真はamazon 商品販売元よりお借りしています。

LED テープライトの主な特徴

  • 工事不要・取り付け簡単!両面テープで好きな場所に貼れる
  • 必要な長さにカットできる
  • アンダー ¥3,000で手に入るものが多い
  • 省エネ・電気代 約3円 / 8時間 ほど
  • 便利 な 調光機能
  • 音楽連動・スマホで操作など多機能
  • 便利な人感センサー
  • 防水仕様 の 屋外で 使用可能なものは、ガレージなどで使うのも便利

設置にオススメ場所

  • 店舗 の 商品棚 や ショーケース
  • 棚下照明
  • TVの裏側・鏡の周り、装飾ライト
  • ベットフレーム や キャビネットまわり
  • ウォークインクローゼット
  • 階段や廊下

設置に向かない場所

  • 水に濡れる場所( テープライトが防水でない場合 )
  • 設置面に 凹凸 がありテープ の 粘着力が 発揮できない部材 の 場所
  • 火のまわりなど暖かい場所


LED テープ ライト の使い方のポイントと注意点

テープ ライト lepro LED

LEDテープライトの使い方

テープ ライト LED

明るさの色 について

一般家庭向けに販売されている電球の色みは「昼白色(ちゅうはくしょく)」「電球色」「昼光色」の3種類です。
設置場所の部屋の種類や用途にあわせて電球の色味を選びましょう。

太陽の明るさに最も近い自然な光の色が「 昼白色(ちゅうはくしょく) 」で、どんなシチュエーションにも馴染みます。

リラックス空間 を 演出したいので あれば 黄色い 温かみのある光である「 電球色 」タイプのものが オススメです。

逆に 仕事や作業に適したはっきりとした光が 必要であれば 白っぽい色 である「昼光色」タイプを 選ぶのが オススメです。


演色性 について

演色性とは、照明器具からの光があったとき、「 自然光が当たったときの色をどの程度再現しているか 」を示す指標です。

ショップの什器など、色の見え方が変わっては困る場所での使用なら演色性の高いテープライトを選びましょう。


明るさ について

LEDテープライトの明るさは、「1mあたりのLEDチップの数」「LEDチップの間隔」「LEDチップの大きさや性能」で変わってきます。

調光機能が付いたものを 選ぶと細かい 微調整 ができて便利かと思います。


適切な貼り方 について

光源である LED電球部分 を 見せないように貼るのがオシャレに魅せるポイントです。

壁面などからの「 反射 」で明るさが変わるので、対象からある程度 隙間を
あけると程よいほんのりとした明るさが得られるかと思います。


貼る場所について

設置場所は お好みの場所 で 良いのですが、設置面の材質により LEDテープ の 粘着力が発揮できない場所があります。
ザラザラとした 土壁 や 細かい凹凸が ある材質への設置は、注意が必要です。テープ がうまく粘着しない恐れがあります。

テープが強力なタイプだと剥がすときに壁紙や家具の表面にダメージが出る恐れがあるので注意しましょう。

LED素子的には寿命は、4万時間と長いですが、基盤や配線等の電装部品はそうではありません。
熱がこもりやすい場所での設置ではLEDチップの寿命が短くなる恐れがあります。


耐久度・安全性とメンテナンス

照明は、熱をもったり発火の危険もあるものなので、電気用品安全法の印である「 PSE 」のある安心できる 商品が オススメです。

イメージ写真のLED テープライトは、「lepro」PSEマークの認定を受けた電気産業株式会社さんの商品です。

ちなみに「 lepro 」の 商品寿命は、「 15,000時間以上 」となっています。



LED テープ ライトオススメな使い方

テープライトでお店やホテルのような空間演出

プライベート空間であれば、凹凸のある梁まわり。ベットを少し 動かして 隙間を作り、ベートボードまわりに配置したり、飾り棚やカーテン周りなどに設置すると ホテルのような リラックス空間 が 演出できます。

寝室のベッドの下部分などを照らすのも高級感が出て良いかもしれません。

特に オススメなのが、赤外線 や 紫外線 を出さない LED の特性を活かした什器棚などでの 補助的なライティングです。

商品 の 照明焼けを防ぎつつ、オシャレに飾ることができ、また 導入コスト も 安価なので 検討してみるのも良いかと思います。



まとめ

テープ ライト でオシャレな部屋が手軽に作れます![格安]

いかがでしたでしょうか? LED テープライト は、簡単に導入できる 間接照明 として とても オススメ です。手軽に 気分を変えることができるのでステイホーム期間中の良い気分転換になるのではと思います。

個人的には、ウォークインクローゼットに人感センサー付きのLED テープライト を設置するのがオススメです。まるで高級ホテルのような仕様が楽しめて気分があがります。

とはいえ、中には「 すぐに点灯しなくなった 」といった粗悪品に運悪くあたってしまった等のコメントも見受けられるので、商品選び は 慎重にご検討いただけたらと思います。

このページが、少しでもみなさまの楽しいインテリアライフのヒントになれば幸いです。ご一読いただき、ありがとうございました。

出典*イメージ写真の一部はamazon 商品販売元よりお借りしています。


hutarino_kun

この記事を書いてる人

こんにちは、インテリア好きのELです。照明コンサルタント の 知識を活かして、より良いご提案できるように 日々勉強中です。


このページを閲覧した方はこちらもみています