TOP



LED電球の寿命 について [ LED電球 長寿命 の理由 とは]

LED電球 寿命

LED電球の寿命 が 40000時間 ( 約10年間 ) ついて [ 早く切れたりしないの? ]

目次 / このページで解説していること

LED電球の寿命 についてお調べですか? LED電球の長寿命 は本当です。LEDの寿命は、約40,000時間 〜 50,000時間 (約10年) です。しかし、10年を待たずに つかなくなってしまうことが 実際にあります。
このページでは、LED電球 の 長寿命の仕組み と、LED電球 が 長寿命であるにも かかわらず、すぐに 点灯しなくなってしまう 原因について 説明しています。


LED電球の寿命 が 長寿命な理由

LED電球 の 長寿命の理由 - LED電球の仕組み -

 LED電球 の 発光の仕組み自体は、半永久的

白熱電球は、フィラメントの消耗 により 発光しなくなります。蛍光灯は、電極の劣化により チカチカし、発光しなくなります。

それに比べて、LED電球の発光の仕組みは、簡単にいうと LED電球内で プラス と マイナス の 電流が 衝突することによって 発光します。

構造的に、フィラメントがなく、消耗部分がないので、いわゆる「 電球が切れる 」ということはなく、LEDの構造自体は、半永久的に 発光 し続ける ことができる 仕組みとなっています。


LED電球の寿命 は10年!でも、明るさは 徐々に減衰します

LED電球の寿命 は10年!でも、明るさは 徐々に減衰します

約40,000時間 とは 明るさが70%まで減退するまでの長さです。

性能表示では、約40,000時間(10年)とも言われるLED電球の寿命。しかし、10年後も新品同様の性能を発揮するかと言えば、必ずしもそうではありません。

LED電球本体を 構成する 電装部品などの 経年劣化は 避けられず、明るさは、当初の性能から 70%ほど まで 減退する と 言われています。

その70%まで 減退する時間が 約40,000時間です。また、10年以上 経過しても 点灯しなくなることはありません。



[ 深堀 ]お部屋全体 の 明るさを 計算するときには 明るさの下振れを 考慮しましょう


4.5 〜 6 畳の部屋の明るさは 2200lm 〜 2800lm が望ましいと されています。

照明器具を 選ぶ際に、LED電球を 使用した 構成で 2300lm の 明るさを 確保したとします。10年後には、70%まで 明るさが 減退しますので 若干暗めの 部屋になってしまうこと が 予想されます。

ですので、部屋の明るさ ( ルーメン )の合計値は、『 明るさの一般助適用畳数 』のより 明るめの数値 にあわせるようにすると 良いかと 思います。

また、人間の「 明るさを感じる能力 」も年齢とともに 衰えていきます。 高齢者と 同居しているなど 不安が ある場合 は、ひとつ 上の広さに 対応する 明るさの ルーメンの数値に 合わせてみるのも 良いかと 思います。

こちらの記事も参考にされています

部屋の広さと照明の明るさ [ まとめ ]

部屋の広さに合わせた適切な明るさの目安を表にまとめています。


LED電球の寿命 は 長寿命 なのに早めに切れるのはなぜ??

LED電球 は 熱や湿気に 弱いので 使用環境 によっては 故障する恐れがあります

[理由]LED電球 は 熱や湿気に 弱いので 使用環境 によっては 故障する恐れがあります

LED電球 の 高額な イニシャルコストを 無駄に しないために

長い期間お付き合いすることを前提に、わざわざ 高額な イニシャルコストをかけて 長寿命 が売り の LED電球 を買ったのに、すぐに故障してしまっては 元も子もない ですよね。

LED電球が 早めに故障してしまう主な原因
  • 基盤が 湿気で故障する
  • 熱で 電装部分が故障する
  • 使用環境 を守っていない( 調光機能付きでは使用不可,センサー機能付き使用不可など )
* 使用上の注意に違反していないか事前によく確認しましょう。

使用環境に 合わせた LED電球を 選ばないと 故障の原因に なりかねません

使用環境に合わせたLED電球を選ぶようにしましょう

すでに故障の原因が、熱や湿気によること、調光機能付き電源、センサー付き電源などの環境でのLED電球の使用によるとわかっているので、それぞれの環境に合わせた商品が 販売されています。

湿気が多い浴室などでLED電球が使用したい場合は、「 密閉器具対応型LED電球 」を選ぶなど検討してみましょう。

[ 注意点 ] LED電球 非対応の照明器具にLED電球を設置しても点灯はしますが、「点灯するから良し」とせず、いずれなんらかの故障の原因になるのでやめましょう。 使用上の注意をよく読んで守ることが、商品の寿命を 伸ばすことにつながります。

[まとめ]

いかがでしたでしょうか?LED電球の寿命が 長いことは 本当で、約40,000時間 ( 10年間 )ですが、使用環境によっては、電装部品 の 故障などにより 理論値より 寿命が短くなる ことがあります。

故障の原因となりうる環境 での 使用を ご検討の際は、あらかじめ 熱 や 湿気などに 対応した LED電球を 選びましょう。

LED電球一体型 の 照明器具の場合は、電球単体での 交換ができない場合が 多いので、特に 注意が必要です。

センサー や 調光機能付き電源での使用 は 避けるなど、使用上の注意 を よく守って 使用することが、LED 長寿命につながりますので、LED電球 設置の際は 事前に 設置場所の環境 を 調べておきましょう。


hutarino_kun

この記事を書いてる人

こんにちは、インテリア好きのELです。照明コンサルタントの知識を活かして、より良いご提案できるように日々勉強中です。


このページを閲覧した方はこちらもみています