TOP

テープライト 室内 用 設置場所の確認しておくべきポイント4選

INTERIOR COODINATE / EDITORS

室内用テープライトを上手に貼るための事前準備をまとめました

LED テープライトは、両面テープにLEDチップがついた照明器具です。このページでは、LED テープライト 室内 用を購入前に、設置する場所の環境について事前に確認しておきたいポイントをご紹介しています。

特にベーシックな室内用環境についてまとめました。室内用 LED テープライトのに興味がある方は、こちらの説明を参考にしてください。

LED テープライト
この記事でわかること

室内用テープライト を上手に貼るための準備

LEDテープライトをコーナーや角に貼る時に必要な準備

LEDテープライトを安全に貼るポイント

テープライト 室内 用 を綺麗に貼るために気をつけること とは

テープライトは、基本的には、電源を確保してテープを貼るだけで使えます。しかし、失敗なく綺麗に貼るためには「電源からの距離」「曲げる箇所があるか」「微妙な長さ調整」など事前に「貼りたい箇所の下調べ」をしておくことをオススメします。

設置場所の確認ポイント
  • 1.設置したい場所の確認 素材・耐熱・通電
  • 2.設置したい場所の長さを調べる
  • 3.角や延長コネクタの必要性があるかを確認
  • 4.電源までの距離や位置に安全性があるかを確認する

1.設置したい場所の確認 素材・耐熱・通電

埃や湿度が気になる場所では防塵・防滴性能が高い商品を選ぶ

基本的にテープが付けられる素材ならばどこにでも接着できますが、凹凸が多い素材など粘着力が落ちる素材や、剥がす際に壁紙や木材・仕上げ塗装などを傷つける恐れがないか確認しておくと良いかと思います。

熱が籠る場所、アルミ板や鉄など通電の恐れがある場所、湿気が多い場所などに貼る場合は、防塵・防滴性能が高い商品を選ぶと良いかと思います。


2.設置したい場所の長さを調べる

LED テープライト

テープライトはカットできる箇所が決まっています。

テープライトは、等間隔にならんだLEDチップとLEDチップの間の印の部分 ( 上図参照 )のみカットできる仕様になっています。(それ以外の場所をカットすると点灯しなくなります。) 微妙な長さの調節が必要になりますので注意が必要です。

また、1mあたりのLEDチップの数も商品によって異なります。 チップの数が少ないと光源の間隔があき、陰影の抑揚がついた「つぶつぶ」感を感じやすくなります。

心配な方は、1mあたりのLEDチップの数が多い商品やスクリーンチューブがついたタイプを選ぶと良いかと思います

カットした残りのテープは点灯しません

カットした残りのテープは、単体では点灯しません。別に電源プラグを用意して、ハンダ付や接続プラグを行なう必要があります。 そういった作業が面倒な場合は、事前にテープを貼る部分を計測し、残りのテープライトを無駄にしてしまわないようにしましょう

(注意)カットした残りを再利用可能な商品の場合は、その旨、記載があるので説明書やパッケージをよく確認しましょう


3.角や延長コネクタの必要性があるかを確認

テープライト 接続プラグ出典*イメージ写真の一部はamazon 商品販売元よりお借りしています。

コーナーや延長には接続コネクタが必要

LEDテープライトを曲げたり、カットして段差を迂回する必要がある場合には、「接続コネクタ」で対応する必要が出てくるかもしれません。

接続コネクタには、カットしたテープをクリップのように挟むだだけで良いものやハンダ付が必要なものまでありますので、用途に合わせて選んでいただけると良いかと思います。


4.電源までの距離や位置に安全性があるかを確認する

設置場所を選ばない電池タイプが便利

室内用のLEDテープライトの電源は、主に「ACアダプタをプラグに繋ぐタイプ」と「電池式」の2種類の商品があります。 屋外用なら「太陽光電池」タイプもあります。

使用頻度や用途、電源からの距離から、「電池式タイプ」「電源タイプ」を選ぶと良いかと思います。無理なく安全に使用できる方法を選びましょう。

電源プラグのないクローゼットに人感センサー付電池タイプで設置するなど非常に便利でかっこいい使用法もオススメです。

飾り棚で使用する場合など、前述した接続コネクタ等で増設・延長する際には、全体の電圧の合計値にも十分注意しましょう。



まとめ

テープライト 室内 用 設置場所の確認しておくべきポイント4選

いかがでしたでしょうか?このページでは、室内でLED テープライトを購入して使用する前に、事前に知っておくおくべき設置場所の確認ポイントについてまとめました。
LEDテープライトをご購入前の参考にしていただければ幸いです。

設置場所の環境は、安全性とテープライトの寿命にも関わりますし、設置の際の工数にも影響します。

とはいっても、使ってみないとわからないと言う場合は、低価格のモノをゲットして一度試すのもありかと思います。

その後、改めてプランを立てて一式揃えると良いかと思います。

そのほかの失敗しがちな点を深堀した内容は、リンク貼ってますので、そちらからチェックしていただければと思います。

このページが、みなさまの素敵なインテリア ライフ のヒントになれば幸いです。ご一読いただきありがとうございました。

このページを閲覧した方はこちらもみています