TOP

テープライトの剥がし方 剥がすときのダメージ回避するオススメの方法

テープライトの両面テープの処理に困らなくなる解決策


INTERIOR COODINATE / EDITORS

テープライトの剥がし方 剥がすときのダメージを
回避するオススメのアイデアをご紹介

このページでは、LED テープライトの剥がし方 と とくに剥がすときのダメージ回避する使用法を3つご紹介しています。

LED テープライトは、粘着力が強力である物が多く、撤去時に壁紙や家具の仕上げ材にダメージを与えてしまうことがデメリットとして挙げられてきました。そこで、このページでは、貼り直しや撤去時の両面テープの処理に困らなくなる解決策・アイデアを集めてご紹介しています。

テープライトの剥がし方

テープライトは テープ剥がしスプレー で慎重に剥がす

テープライトの両面テープ部分は、熱や湿度で落下しない丈夫なものであることが多く、剥がすときに壁紙や家具の仕上げ塗装などを一緒に剥がしてしまうことがあります。
「テープ剥がしスプレー」等を使用して慎重に剥がしましょう。この際、木製の家具などの場合、逆に「テープ剥がしスプレー」がシミになってしまう危険性もあるので使用する製品は慎重に選ぶと良いかと思います。

剥がしたテープライトは、特別に再利用できる製品でない限り、再び貼って使用することはできないことが多いです。

非常に便利で使い勝手の良いテープライトですが、そういったことがあるので、 テープライトを剥がすときの手間やダメージを回避するためのアイデアをご紹介します。


方法1 テープライトの両面テープを使用せず、さらに別のテープを使用する

LEDテープライトの両面テープは使用せず(剥がさず)に、数センチにカットした「市販の両面テープ」テープライトの裏面に貼り付けます。

使用するテープライトの長さがそれほど長くなければ、市販の両面テープを所々貼り付けるだけで接着することができます。

接着後にテープライトを移動したい場合や、撤去した場合は、市販の両面テープが残る場合もありますが、「テープ剥がしスプレー」などで後処理をすれば綺麗にお掃除できるかと思います。

テープライトの落下など安全性を確保した上で適切に行いましょう。

実施は必ず安全を確保の上、自己責任で行ってください。
メーカーの仕様書・説明書をよく読み、説明書に記載通りの安全で正しい方法で使用しましょう。

貼り直し可能な両面テープを貼るとさらに便利に!

繰り返し貼り直しが可能な両面テープをしようすれば、設置後の移設も可能です。

ただし、熱が籠るとLEDの寿命が短くなるので、テープを貼る際は、説明書をよく読み、基本的な注意事項は必ず守るようにしましょう。




方法2. アルミプレートや薄い板やアクリル板などにLEDテープライトを貼り付けを貼り付け固定する。

二つ目の方法は、「 アルミプレートや薄い板やアクリル板などにLEDテープライトを貼り付けたものを固定する 」と言う方法です。

方法2のメリット
  • 1.テープライトの位置を探りながら決められる
  • 2.アルミプレートなど放熱性の高い素材に貼るとLEDチップに優しい
方法2のデメリット
  • 1.直線的な使用しかできない
  • 2.素材の購入や準備にコストがかかる

実施は必ず安全を確保の上、自己責任で行ってください。
メーカーの仕様書・説明書をよく読み、説明書に記載通りの安全で正しい方法で使用しましょう。


メリット1.テープライトの位置を探りながら決められる

ひとつ目のメリットは、「もうちょっと下がよい」「あと少し奥へ」など、テープライトの光の見せ方を計画するとき「方法2」のやり方だとプレートごと列のままテープライトを動かせるので微調整が楽な点です。

テープライトをプレートに固定している状態なので、テープ特有のまるまり癖や絡まりにストレスを感じることなく「設置場所のあたり」をつけることができます。


メリット2.放熱性の高い素材に貼るとLEDチップに優しい

一般的にLEDテープライトのLEDチップ自体は、熱を持ちにくいのですが、通電している配線などは熱くなります。
テープライトの貼り方によっては、熱がこもって本体が熱くなることがあります。
その場合、発火することはありませんがLEDチップが故障したり寿命が短くなることがあります。

アルミプレートなど、放熱性の高い素材に貼付しておけば、通電の熱を逃してくれるので方法2は、「熱によるLEDテープライトの短寿命化」を防いでくれます

非防水タイプのLEDテープライトをアルミ板や鉄板などへ取り付ける際、裏面の両面テープを剥がさないでください。直接LEDテープライトのフレキ材がアルミ板や鉄へ接触すると、板や鉄板へ通電し、動作不具合や故障、感電の原因となります。


方法3. テープは使用せずに別の道具で固定する

テープライト 貼り方

3つ目の方法は、「配線を固定する配線留めフック(ケーブルホルダー)」を利用してLEDテープライトを固定する方法です。

手順
  • 1.テープライトを仮置きして設置したい場所に目印をつけます。
  • 2.テープライトの最初と最後の位置をあらかじめ決めて固定します
  • 3.テープライトのカット位置(LEDチップがない箇所)に合わせて、鉛筆などで設置場所側に目印をつけます
  • 3で準備したの目印の場所に「配線留めフック」を貼り付けていきます。(全てのカット位置にフックをつける必要はありません。落ちない程度で)
  • フックにテープライトを差し込みフックを閉じます。

配線留めフックも両面テープでの貼り付けですが、市販の「テープ剥がし剤」で剥がすことができます。 より綺麗に仕上げたい場合やピント張った状態にするには、開始点と終点は1cmほど両面テープを使ってピント張って固定すると良いかと思います。

実施は必ず安全を確保の上、自己責任で行ってください。
メーカーの仕様書・説明書をよく読み、説明書に記載通りの安全で正しい方法で使用しましょう。

出典*イメージ写真の一部はamazon 商品販売元よりお借りしています。
方法3のメリット
  • 1.テープライトの撤去や交換が簡単で容易
  • 2.違う場所に移設しやすい
  • 3.直線意外の場所にも対応できる
方法3のデメリット
  • 「配線留めフック」をたくさん貼るなど工数が増える

メリット1.テープライトの撤去や交換が簡単で容易

テープライトには、LEDチップの数、大きさ、演色性などさまざまな種類があります。

最近では、スマホで色を変化させたり、音楽に連動したりとさまざまなバリエーションも増えてきました。

方法3だと後から他の商品に交換したくなった場合、テープ自体の貼り替え作業がほぼないので極めて楽に作業を完了することができます。

同様に故障の際の交換や撤去の手間も楽にこなすことができます。


2.違う場所に移設しやすい

「やっぱりちょっと移動したい」そんなとき、方法3なら本体の両面テープを使用していないので、「配線留めフック」を貼り直せば簡単に場所を変えて設置することができます。


3.直線意外の場所にも対応できる

少したわみますが、ゆっくりとした曲線であれば、側面貼りでコーナーを曲がることができます。

「テープを拗らない」「60度以上曲げない」「リールに巻いた状態で点灯させない」など基本的な使用上の注意は必ず守って使用しましょう



まとめ

テープライトの剥がし方 剥がすときのダメージ回避するオススメの方法

いかがでしたでしょうか?このページでは、テープライト 貼り方 と剥がす際のリスク回避のアイデアをご紹介させていただきました。

そんなに張り替える頻度はないかと思いますが、テープライト本体の両面テープをしようせずに設置することで、壁紙や家具の仕上げ材や塗装剥がしなどのダメージを最小限に抑えて、撤去・交換・移動を比較的スムーズに行うことができるかと思います。

最初に安価な単色のものをお試しで設置してみて、あとから本格的な物で多機能な商品に買い換えるなどすると良いかと思います。

ただし、漏電や故障のリスクなどに注意して、実施は必ず安全を確保の上、自己責任で行ってください。

メーカーの仕様書・説明書をよく読み、説明書に記載通りの安全で正しい方法で使用しましょう。

このページが、みなさまの楽しいインテリアライフの一助になれば幸いです。ご一読いただきありがとうございました。

出典*イメージ写真の一部はamazon 商品販売元よりお借りしています。

このページを閲覧した方はこちらもみています