TOP


 

蛍光灯 生産終了 について [ 蛍光灯がなくなる 2つの理由 ]

蛍光灯がなくなる理由

蛍光灯 生産終了 は、持続可能な社会実現へのステップです

このページで解説していること

このページでは、 蛍光灯 生産終了 について まとめました。蛍光灯が、いずれなくなる 2つの理由を説明しています。 蛍光灯の生産が終了となる背景や具体的な理由、日本照明工業会が目標に掲げる「 照明成長戦略 Lighting Vision 2030 」を 用語の説明を交えてできるだけ わかりやすく 説明しています。 蛍光灯が生産終了となる理由に興味がある方はぜひご覧ください。

蛍光灯 生産終了の理由1 地球環境への配慮とLEDの発達

これまでの蛍光灯には環境にそぐはない素材が使われているから

蛍光灯や水銀燈など既存の照明器具の生産が縮小するのは、「水銀」「PCB」など地球環境に良くない材料が使われているからです。 そこで、そのような有害物質を使用せず、CO2削減や省エネルギー性能の高い「LED照明」への切り替えが進められています。

大手メーカーの蛍光灯・照明器具生産状況

  • パナソニック株式会社 2019年3月末に終了
  • NECライティング株式会社 2018年3月に終了
  • 東芝ライテック株式会社 2017年3月に終了

環境に配慮して蛍光灯・水銀燈の生産が縮小する理由

  • 蛍光灯の水銀Hg使用と水俣条約 蛍光灯は、人体・環境に有毒な水銀を使用している製品があること。
  • 蛍光灯には、人体・環境に有毒なPCB( ポリ塩化ビフィニール )を含むコンバーターや安定器が使われているものがあること。

蛍光灯の水銀Hg使用と水俣条約

蛍光灯 なくなる理由 蛍光灯 生産終了

蛍光灯ランプには、SDGs実現を目指す時代に そぐわない有毒な物質を 使用しています。

水俣条約は、水銀による環境汚染防止に関する法律で、水銀を使用している蛍光灯ランプは対象となります。

ですが、現在、(日本照明工業会会員の製造販売する)市販されている蛍光ランプは、すでに水銀含有量の基準をクリアしているので、水銀使用ランプについては製造・輸出入の規制を受けることはありません。(例外あり)

しかし、水俣条約の発行にともない、不要になった蛍光灯は「水銀使用製品産業廃棄物」に分類され、法規制の対象となったこともあり、「製造する際の規定も厳しく、廃棄の規制も厳しい」という状況になりました。
大手メーカーは、「 照明成長戦略 Lighting Vision 2030 」という目標達成へ歩調を合わせ、自主的に製造中止を発表しています。


PCB (ポリ塩化ビニル)とは

PCB (ポリ塩化ビニル)とは 人工的につくられた主に油状の化学物質です。1972年以前に作られた蛍光灯照明器具のコンバーターや安定器にPCBが使われていました。

しかし、1968年の「カネミ油症事件」をきっかけに危険性を問題視し、1972(昭和47年)の行政指導(通産省)により製造中止、回収指示が行われました。そのため、1972年以降は新たな製造は行われていません。

PCBは、決められた期限内(自治体によって異なる)に廃棄しないと罰則規定( 懲役・罰金 )のある有毒で危険な物質です。

政府は、専用の処分施設を作り、各自治体ごとに回収処分期限を設定しています。回収期限を越えると実質処分できなくなり、所持していると法令違反となります。

2020年前後に回収期限を迎える(迎えた)自治体が多いので、改めてPCBを使用した照明器具の掘り起こしとLED照明器具への移行を行なっています。

LED移行への補助金がでる自治体もあるので調べてみるのも良いかと思います。
(*一般家庭用の蛍光灯の安定器でPCBが使用されたものはありません。)



蛍光灯 生産終了 となるの理由2 照明成長戦略 Lighting Vision 2030

蛍光灯がなくなる 理由 蛍光灯 生産終了

日本政府と日本照明工業会が照明のSSL化(簡単に言うとLED化)を推進しているから

蛍光灯の生産が終了するもうひとつの理由は、日本政府と 日本照明工業会が「 照明成長戦略 Lighting Vision 2030 」という目標を掲げ、照明のSSL化(簡単に言うとLED化)を奨めているからです。
具体的に、2030年までに 照明器具ストック市場SSL化率100% 消費電力60%減 を目標としています。

詳しい資料は、「照明成長戦略 Lighting Vision 2030 」に記載してあります。

「これからのあかり文化の向上と地球環境への貢献」とは?

地球環境に配慮した省エネルギー化とIoTによる制御が容易なLED照明器具の普及100%の実現

政府と業界がすすめている 「これからのあかり文化の向上と地球環境への貢献」とは、
「 Connected Industries( コネクテッドインダストリーズ )による パラダイムシフトへの対応しながら、CSL ( Connected Smart Lighting ) & HCL( Human Centric Lighting ) の普及による空間価値を 創造し、グローバル化・ボーダーレス化への対応を行なっていく。 」
ということだそうです。

難しい用語をそれぞれ解説すると

コネクテッドインダストリーズ とは?

Connected Industries( コネクテッドインダストリーズ )

2017年3月、経済産業省が提唱した概念です。日本で現実社会で生み出されるデータ(リアルデータ)を共有し、「自動走行・モビリティサービス」「ものづくり・ロボティクス」「バイオ・素材」「 プラント・インフラ保安 」「スマート・ライフ 」の基礎整備 や 開発に役立てる...といった内容です。


パラダイムシフトとは

パラダイムシフトとは、その時代や分野において当然のことと考えられていた認識 や 思想、社会全体の価値観などが 革命的に もしくは劇的に変化することをいう。パラダイムチェンジともいう。

出典 WikiPedia

Connected Smart Lighting とは ?

Connected Smart Lighting(コネクテッドスマートライティング)

IoT や ネットワーク、AI や クラウドと繋がり、管理制御され 最適化された照明。
ネットワークに 繋がることで、センサーで 行動パターンを 認識したり、クラウドで 機械学習することで 最適なライティングを 実現し、消費電力を最適化する...といった内容です 。


Human Centric Lighting とは?

Human Centric Lighting (ヒューマンセントリックライティング)とは

Human Centric Lighting ( 人間中心の照明 )という概念。
自然光、人工光源にかかわらず、光は生理的リズム反応を引き起こし、人々の健康に与える影響が大きいとされています。 そこで、光の質を 向上させることで、人工的な光を 自然光に 近づけ、より人に 優しい照明を 目指す ... といった 内容 です。


(照明の)グローバル化・ボーダーレス化とは?

日本国内の人工減少に伴う 照明出荷数の減少に 備えた「 広域アジア市場へのターゲット拡大 」、「 日本照明のブランド化 」と「 海外製LEDなど、日本市場に マッチしない輸入海外製品 の 増加に対する 市場監視体制 の 強化 」... といった内容です。


「これからのあかり文化の向上と地球環境への貢献」簡単に言うと

最初の文章を専門用語を使わずに言い換えると、

日本社会で得られた ビックデータ を みんなで 共有し、
既存光源からLEDへと移行しながら、「 IoT・クラウド・ネットワークで制御され、最適化された人 に とって優しい照明 」の普及による 空間価値の創造を 実現し、
日本照明のブランド化で、広域アジア市場をターゲットとしながら、 海外製品の 流入から 日本の 照明市場を 守る

といった内容に なるかと思います。
蛍光灯がなくなるのはなんだか少し寂しいですが、快適で より良い 未来が 待っていそうでワクワクしますね。

まとめ

蛍光灯 生産終了 について [ 蛍光灯がなくなる 2つの理由 ]

いかがでしたでしょうか? 蛍光灯の生産が終了する二つの理由は、蛍光灯に使用されている素材の問題と官民一体となって、既存光源製品 の 生産縮小 と SSL ( 主にLED ) 化を すすめているからです。

ガソリン自動車 から 電気自動車へシフトしていくように、日本市場における 蛍光灯ランプは 役割を 終えつつあるようです。(*特殊なランプ等を除いて)

以上、環境問題に 配慮した SDGs への貢献が 企業に求められる中、蛍光灯 はすぐに無くなったりしないけど、いずれなくなる...と言う内容でした。

「 まだまだ蛍光灯使えるよ 」「 うちの設備は古くないよ 」といった方も多いかと思いますが、そう言う時代 の 流れですので、「 LED 補助金 」 等を 小まめに チェックして、お得に 対応していただければと 思います。

このページが、みなさまのすてきなインテリアライフのヒントになれば幸いです。ご一読いただきありがとうございました。


hutarino_kun

この記事を書いてる人

こんにちは、インテリア好きのELです。照明コンサルタント の 知識を活かして、より良いご提案できるように 日々勉強中です。


このページを閲覧した方はこちらもみています