TOP

Svante スヴァンテ [ レビュー 詳細情報 ] フロアーライト 間接照明 LT-3973

このページはPR広告・プロモーションを含むリンク表示があります。
LT-3973 Svante スヴァンテ フロアライト の使用イメージ写真

Svante スヴァンテ の概要・特徴 イメージ・商品写真

Svante スヴァンテ の概要・特徴

ウッドの支柱が美しい存在感抜群のフロアライト

ソファーサイドやデスク脇の読書灯として最適なフロアライト

Images / Svante スヴァンテ

LT-3973 Svante スヴァンテ フロアライト サイズ紹介写真
LT-3973 Svante スヴァンテ フロアライト ソファー横に設置した写真
LT-3973 Svante スヴァンテ フロアライト ベースの写真
LT-3973 Svante スヴァンテ フロアライト 二重になったセードがよくわかる写真
LT-3973 Svante スヴァンテ フロアライト 電球上の反射板の写真
LT-3973 Svante スヴァンテ フロアライト 使用イメージした写真
*本サイト の 商品画像 ・ イメージ は、メーカーさま より 使用許諾 を 得た上で 使用しています。
本サイト における 文章 ・ 画像 ・ ソースコードは " 著作物 " です。本サイトの 文章 ・ 画像 ・ ソースコード の 無断転載 ・ ダウンロード ・ 使用を 堅く禁じます。

Svante スヴァンテ の特徴・メリット

Svante スヴァンテはこんな方にオススメです

シックなフロアライトをお探しの方

シンプルで洗練されたデザインのフロアライトをお探しの方

Svante スヴァンテ のセードは、ミッドセンチュリーの照明にも取り入れられるレイヤードデザイン。 個性的なシルエットを作るだけでなく光を拡散する効果も持ち合わせています。
フロアライトは、単体では控えめな明るさなので、 メインの照明や備え付けのダウンライト と併用したり、テーブルライト と組み合わせてしようする 複数光源 での使用がオススメです。

Svante スヴァンテ の使い方・仕様・スペック詳細情報

Svante スヴァンテ の詳細データ

  • 概要

    Svante スヴァンテは、ミッドセンチュリーを彷彿とさせる落ち着いたデザインのフロアライト。

    2枚の重なるファブリックセードを重ねた優しいイメージのデザイン照明です。

    支柱にテーパードの効いた木材を使ったシンボリックで安定感のある雰囲気は、落ちついた大人のコーディネートにピッタリです。

    スイッチは足でON/OFFができるフットスイッチをコードの中間に配しました。

  • 詳細

    ・商品仕様

    • category : FLOOR LIGHT
    • 商品名 : Svante スヴァンテ
    • 色・デザイン : ---
    • 素材 : 布、木、スチール
    • size : W φ36 (cm) x D φ36 (cm) x H 151 cm
    • 備考 1 : コード : 210cm
    • 備考 2 : ベース:φ28cm
    • 点灯方法: ON・OFF スイッチ : フットスイッチ ※点灯 → 消灯
    • 付属電球 : 白熱球の場合 : E26/60W ホワイトハウス球
    • 付属電球 : LED電球の場合 : E26/60W相当 一般球型LED電球(電球色)
    • 付属電球 : 付属電球なしの場合:電球は付属しません
    • メーカー : INTERFORM .INC
    • 商品データ 出典 : 株式会社 インターフォルム
  • 取り扱い注意点・備考

    取り扱い注意点

    *ご購入の前に 必ずご確認ください*
    LED電球 使用可
    高さ調節 不可

    備考

    リビング用 / ダイニング用 / 寝室用 / 書斎用 / 店舗用

  • 商品データ

    JAN / 品番

    LT-3973 : 4994371397318

    LT-3974 : 4994371397417

    LT-3975 : 4994371397516

Svante スヴァンテ の明るさについて

Svante スヴァンテ 明るさ と 明るさに適した部屋の広さ ( 何畳用 ? )

セットする電球の種類が「 白熱球 / 白熱球 60W 」の場合

  • 「 白熱球 」の電球 一つあたりの明るさの目安は 「 約 700lm以上 ( ボール球 E26 60W) 」lm(ルーメン)
  • 電球が 1 個なので、Svante スヴァンテ の明るさの合計は 、約700 lm(ルーメン)
JLMA 社団法人日本照明器具工業会 が公開している 「 住宅用カタログにおける適用畳数表示基準 」に照らし合わせるとによると

単体での Svante スヴァンテ の明るさの目安は、
〜 4.5畳 / 180W / 約2280 lm
に該当します。


COUTION / 注意点
明るさの感じ方は、視力・年齢・間取り・壁の色等の環境要因によっても変わりますので、あくまで「 明るさの目安 」として参考にしてください。

このページでは、本体の単体での明るさについて説明しています。部屋の広さと本体のサイズのマッチングについては、「 本体のサイズ 」をご確認の上ご検討ください。

ペンダントライトの場合、天井からの吊り下げ位置で値と実際の感じ方が異なる場合があります。
*標準は天井からの吊下げ高さ30cmとして設定。

*免責:上記は、専門機関により公開された当時の参考値を目安としてご紹介しただけに過ぎず、誤解により発生したいかなる事案に対しても、 弊社にいっさいの責任はなく、補償・賠償の限りではありません。ご了承の上ご覧ください。
上記の数値は、記載当時のものとなります。専門機関の該当事項の改定によりデータが古くなっている場合があります。

Svante スヴァンテ の保証・サポートについて

– 1年間保証 – お買い上げ日から1年以内に正常な使用で商品が破損した場合は、メーカーによる無償修理もしくは交換が受けられます。 *ただし、「電球・電池」は保証の対象外です。

Svante スヴァンテ の価格・スペック

Svante スヴァンテ の価格とオプション

選べるオプション価格(税抜) / (税込)
本体 + 白熱球(ホワイト球) のセット 30,100 円 / 33,110 円
本体 + LED電球のセット 31,600 円 / 34,760 円
本体のみ
(付属電球なし)
29,800 円 / 32,780 円
( *注意 )価格は 掲載当時の ものです。原材料費・コストの高騰・メーカーの意向により価格は変動することがあります。

Svante スヴァンテ におすすめな電球とは

Svante スヴァンテ電球の選び方のご紹介です。 「白熱球やLED電球の特徴や選び方」や「セット電球オプションの選び方」について説明しています。 電球を交換予定の方や「電球なし」セットをご検討の方はぜひご覧ください。

この商品は 口金E26 / 白熱球 60Wの電球に対応しています

E26
口金
白熱球 60W LED対応

Svante スヴァンテにオススメな電球の例

選び方のポイント : 電球の向き

Svante スヴァンテ は、ミッドセンチュリーを彷彿とさせるシックなフロアライト。

サイドは2重のファブリックセードで囲われ、上下が開いているデザインです。電球は「上向き」に取り付ける構造なので、LED電球を選ぶ際は、全方向タイプか広配光タイプがオススメです。

白熱球なら60Wまで、LED電球は60W相当までの電球がメーカー推奨です。

白熱球は...
  • 電球:ホワイト球
  • 口金 : E26
  • W数 : 60Wまで
LED電球は...
  • メーカー:パナソニックなどのメーカー製
  • 電球 : LED電球
  • 口金 : E26
  • W数相当 : 60W相当まで
で検討してみると良いかと思います。
[PR]( *注意 )在庫・価格は 掲載当時の ものです。他社様サイト の 在庫・価格変動について弊社は 一切責任を 負いません。

セット電球オプションの選び方

それぞれのオプションセットの特徴をご紹介します。
「電球の選び方」の詳しいトピックについては下記のリンクをご覧ください。

[購入前に要チェック] インターフォルム照明器具の「電球なしセット」について

このページでは、インターフォルムの照明器具の「付属電球なしセット」を選択する際に指標となる、付属電球がないことのメリット・デメリットについて詳しく解説しています。

『[購入前に要チェック] インターフォルム照明器具の「電球なしセッ …』
 の記事を読む

[購入前に要チェック] 知っておくべきLED電球の特徴・メリット・デメリット

このページでは、インターフォルムの照明器具の「LED電球つきセット」を選ぶ上で知っておくべき、LED電球の種類・特徴・メリット・デメリットについて、について、照明コンサルタントが詳しく解説しています。

『[購入前に要チェック] 知っておくべきLED電球の特徴・メリット …』
 の記事を読む

[購入前に要チェック] 知っておくべき白熱電球の特徴・メリット・デメリット

このページでは、インターフォルムの照明器具を購入するときに選択できる「白熱球つきセット」を選ぶ上で指標となる「白熱電球の種類・特徴・メリット・デメリット」について詳しく解説しています。

『[購入前に要チェック] 知っておくべき白熱電球の特徴・メリット・ …』
 の記事を読む

基本的な電球の選びの注意ポイント

LED電球の選び方 - LED電球の特徴と失敗しないための注意点

LED電球を選び方に悩まれている方向けに照明コンサルタントが「LED電球の選び方」についてご紹介しています。配光や演色性など基本的な事柄から、知っておくべき注意点まで詳しく説明しています。

LED電球の選び方 - LED電球の特徴と失敗しないための注意点

白熱球の選びの注意点 白熱電球の選び方

このページでは、白熱電球を選び方に悩まれている方向けに「白熱電球の選び方」についてご紹介しています。照明器具のワット数を越えてしまうとどうなるのか?などよくある疑問点への回答や色温度、演色性についてもわかりやすく解説しています。

白熱球の選びの注意点 白熱電球の選び方

Review / Svante スヴァンテ - オススメのポイント・使用感・レビュー

Svante スヴァンテ 購入者・ユーザーの感想

/ 評価 : 0.0

この商品の評価平均点 : 0.0 / 総レビュー数 : 0

投稿日: 0000-00-00 / 投稿者 : ---

レビューはありません
注意事項
*「Userのレビュー・コメント」は、各種SNSやシッピングサイト、yahoo shopping モール店(自店他店問わず)に寄せられたお客様がご自身の感想をレビューとして投稿したもの、弊社で使用・検証・調査した結果や独自に調査したアンケートの結果、外部サービスに委託して調査した結果、メーカーから提供されたユーザーアンケート資料のいずれかをもとにそれらを簡潔にまとめた形で構成されてます。 オリジナルの口コミを表示する場合は、それぞれ著作権の使用許諾状況に応じて、「そのまま表示」「リンク表示」など適宜対応しています。
当社は、投稿された内容について正確性を含め一切保証しません。

Svante スヴァンテ の My レビュー ・自社分析

Good Point

2枚重ねたセードとテーパードのきいたたウッドの支柱が美しいシルエットが作り出すデザイン性


気になった Point

高さ調整ができない点


My レビュー まとめ


Svante スヴァンテは、ミッドセンチュリーを彷彿とさせる落ち着いたデザインのフロアライト。2枚の重なるファブリックセードを重ねた優しいイメージのデザイン照明です。

支柱にテーパードの効いた木材を使ったシンボリックで安定感のある雰囲気は、落ちついた大人のコーディネートにピッタリです。

踏むことでON/OFFができるフットスイッチがコードの中間にあります。

Cart / Svante スヴァンテ の購入方法

Hutarinoではお買い上げ金額に応じてPayPayポイントが貯まります。

Svante スヴァンテ

color・design : color:---

(税込) ¥32,780

(税抜) ¥29,800

メンテナンス中です...

[著作権保護とコンテンツの無断コピーへの対応方針]

弊社は、コピーコンテンツのモニタリングを行っております。 弊社ページに掲載のコンテンツは全て著作物です。著作権は、弊社、またはメーカー・企業・コンテンツ素材の配布元制作者に帰属します。いかなる場合においても弊社制作ページ内の写真、画像、文章等の掲載・転載はお断り致します。無断使用が発覚した場合、掲載の形態、期間に関わらず、写真、画像、文章それぞれ1点につき賠償請求させて頂きます。
具体的に、以下が禁止行為の例です。

著作権を守るために、ご協力をお願いいたします。 弊社のコンテンツは、弊社の著作権やコンテンツの制作者の権利を守るために、多くの人々の努力によって作られています。著作権を守ることは、コンテンツの制作者を応援することにつながります。

[Copyright Protection and Unauthorised Copy Policy]

We monitor copied content. All content posted on our website is copyrighted. Copyright belongs to our company or the maker, company, or content material distributor. In any case, posting or reprinting of photos, images, and articles on our company-produced pages is prohibited. In the event of unauthorised use, we will claim compensation for each photo, image, and article, regardless of the form or duration of posting.

Specifically, the following actions are prohibited:

Please help us protect our copyrights. Our content is created with the hard work of many people to protect our copyrights and the rights of the content creators. Protecting our copyrights helps support the content creators.

テキストのコピーはできません。